近隣住民からの苦情

先日、登録していない電話番号からの着信がありました。

「おっ!空き店舗への問い合わせかな?」

ウキウキして取ってみると、、、、

「お宅の物件の窓の下に蜂の巣ができていて近所を蜂がブンブン飛び交ってる。危ないから早急に駆除して!」


この時期の蜂は危険でしょう!すぐに対策しないと、、、んっ!?うちの物件ってどこ?そもそもあんた誰?

→ 2016年に売却済みのシェアハウスでした


既にとっくに売却済みであること、個人情報保護の観点から(さらに転売しちゃってるかも知れませんしね)買主の連絡先は教えられないと伝えましたが、、、新オーナーは近所に挨拶に行っていないんですかね?

当時はまだかぼちゃ問題なんかもなかったので「シェアハウス」への理解も低く、購入後すぐに茶菓子を持ってご近所全てに工事や運用に関しての説明を兼ねて挨拶に行きました。
どうやらそのときに渡した名刺を辿って私に連絡してきたのですが、、、それやったのは2012年の話しです。

新オーナーにもちゃんとやっておいて欲しかったですね。
昨年、NHK受信料の請求も来たりでどうもそーゆーことをあまり積極的にやられていない感じです。
まあ、もはや私の物件じゃないので知ったこっちゃないのですが、社会人として、不動産オーナーとして、シェアハウス運営者としてはちょっと残念な感じですね。

生きている連絡先かどうかはわかりませんが、とりあえずこのことをメールで連絡だけしておきました。あとは今の保有者に対処してもらうしかありません。

この記事へのコメント