「超前がかりな方」と「今すぐ希望の方」

空室発生のシェアハウス。
募集を再開して2週間。
問合せはポツポツあるものの、内見まで繋がる方はなかなかいません。
そんな中、ちゃんとメールでやり取りできる方が現れ、一発ツモを目指し先日内見案内をしてきました。

正直なところ、かなりの手応えでした。

・物件全体に清潔感あり
・部屋の広さも問題なし
・小ぶりで3人しか住まないところがいい
・家賃も安い
・駅からの距離もこんなもん

唯一の懸念材料は

「東京から遠いこと」

引っ越したあとに都内で転職(と言っても東武線なので千住方面ですが^^;)したいと言っていました。
そうなると、この物件の駅ではちょっと不便なのは否めません。

帰り際には

「もうここで決めるつもりです」

との一言もいただきましたが、、、、このあともう1軒見に行くとのことだったので

「1年後の生活をイメージしてじっくり検討してみて下さい」

入ってすぐに「イメージと違った」等で退去されるのが一番残念なので、十分吟味してから決めて欲しいと伝えました。
それでもイケると思っていたのですが、、、、翌日にいただいたご連絡は

「今回は○○駅の物件にしました」(T_T)

決め手はやっぱり駅でしょうね。
東京に出るならそっちらほうが近いし急行も停まるので明らかに便利です。

そっちの物件はたぶん6人のシェア。
家賃もちょっと高いし、洗濯機は6人で1台だし、シャワーしかないし、、、、、まあ仕方ありません。
さあ、次!次!

もうお一人、確度の高い方を押さえていたのですぐにそちらに連絡。
すると、、、、

「緊急だったのでその日に決めてしまいました」

orz

まあ、こんなもんです。
前を向いて歩きましょう。


不動産投資の嘘
不動産投資の嘘
posted with amazlet at 16.07.03
大村 昌慶
幻冬舎 (2016-06-30)
売り上げランキング: 2,451

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック