創業融資、次のステップ

区役所からの紹介票をもらい、その足で銀行に持ち込んだのが先週の月曜日。
1週間は我慢しましたが、思っていたとおり、銀行からの連絡はなし。orz
そこで、午前中に銀行の営業担当者に凸電しました。

来客中とのことで折り返しを待つこと小1時間。
電話がかかってきました。

「例の件のですよね?ちょうど確認が取れたので連絡しようと思ったところです」
(ホントかぁ???)

保証協会に正式に申し込めることが確認でき、次のステップとして以下の資料を持って来て欲しい、とのことでした。

・個人実印
・法人実印
・それぞれの印鑑証明
・法人謄本

これらを持って休み明けの水曜日朝一に訪問することに。

朝一で行くためには今のうちに資料を準備しておく必要があります。
全て手元にあるは、、、、、なかった。orz
法人の印鑑証明だけがありませんでした。

「練馬の法務局は不便な場所なんで行くの面倒なんだよなぁ」

昼から行ってまたオフィスに戻ってくるのもイヤ、かと言って閉館時間寸前に行っても、そのあとの時間が中途半端です。

そこで思い出しました!

「法務局は管内でなくても印鑑証明と謄本は発行できるはず」

ということを。
調べてみると確かにOK、登録カードさえ持っていれば(持っていなくても?)どこでも発行可能とのこと。

近場の法務局を探してみると、、、、あるじゃないですか!
近場と言ってもちょっと距離はありますが、日頃から運動している私にとっては徒歩圏内。
今月からカードを持ち歩くことにしたのが幸いしました。

IMG_0669.jpg

歩くこと10分程度で到着。v(^^)v
練馬より混んでますね。

見覚えのある機械でエントリーして、、、、はい、終了。

水曜日、申し込みついでに以降の段取りを確認してきます。


わかりやすい不動産登記の申請手続―法務局の窓口から教える申請手続
日本法令不動産登記研究会
日本法令
売り上げランキング: 551791


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック