なけなしの1号物件売却、収支は

利回り約10%で売却した1号物件ですが、売った私も決して損切りしているわけではありません。 ちゃんと手残りを想定した上での売価設定ですので、想定の下限に近かったとは言え、ちゃんとお金は残っています。 その具体的数字はさすがに書けませんが、、、過去には年間の収支を載せたこともありますのでイメージしてみて下さい。 保有期間7年弱、その間に会社も辞めてしまいましたので、基本的にはそのCFで生…

続きを読む

なけなしの1号物件売却、仲介をお願いしたのは

売却するにあたって、売主として思うところは 「できるだけ高く、そして早く売りたい」 ということ。 ただ、だからと言ってネットで調べて見ず知らずの人に依頼するつもりもさらさらありませんでした。 特に売却に当って、私が最初に思い浮かぶのはこのお方。 閣下には過去に二度、2号物件及び相続案件を満足できる価格で売却してもらっています。 今回ももちろん、最初に打診したのですが、…

続きを読む

なけなしの1号物件売却、売却理由

それなりに古い物件に色々と手を加えただけでなく ・近隣相場を意識し木造と同じ家賃でRC ・生保、母子家庭OK ・一般の方は更新料不要(生保は要) ・ADx2、、、、 こんな施策から常に高稼働を続けていた1号物件。 逆にこのぐらいやっておかないと、ちょっと古い感じを受ける外観や設備から負けてしまうということもありました。 まあ、これは別に大きな負担ではありませんでした。 …

続きを読む

なけなしの1号物件売却、物件スペックなど

今回売却した1号物件は、2011年8月に勢いで?購入しました。 この頃は 「とにかくまずは大きな1棟ものが欲しい」 という病にかかっていたので、物件はなんでもよかったんです。 スペックは ・京都市某区 ・JR山陰本線某駅から徒歩7分 ・1988年(昭和63年)6月築 ・RC4階建 ・全23戸(1DK、2DK) ・エレベータ付 ・検査済証なし 購入時でも…

続きを読む

なけなしの1号物件売却

私が不動産に興味を持った一番の理由は「起業」。 最初はぼんやりとしたイメージだけでしたが、長く働いているうちに徐々にその思いが強くなっていました。 高属性を目指してガンガン仕事をすればするほど、何も決められない組織や上司の下での仕事が我慢ならなくなっていき、将来のリタイアを考えた上での1号物件購入でした。 そしてあの3.11。 そこで自分は一度死んだと思って、残りの人生は自分の思うが…

続きを読む