2012年09月21日

2012年9月現在の現状まとめ

ブログランキング1位を死守し続けている狼さんのブログ

狼旅団の地下に潜った不動産ブログ

と恐れ多くも相互リンクを貼らせていただきました。m(_)m

かたや一介のサラリーマンから安易にリタイアしてしまったフリーターもどき(^^);、かたや業界の裏もその裏も知るスペシャリスト。
経験値も知識も能力も雲泥の差なのにありがたいことです。

相互リンクにより、間違って私のブログにたどり着く方も少なからずいると思いますので、ここで一旦現状整理をしておきます。

そもそも私が狼さんのブログに惹かれたのは、何よりも営利目的ではないと感じられたことからです。
内容的にちょっとハード過ぎて素人に毛の生えた程度では???なことも多いのですが、現場の裏側が垣間見れるのはなかなか刺激的です。

逆に営利目的としか思えないものもたくさんあります。
「無料」をうたって個人情報を大量に集めてメーリングリスト化。
それを元に「無料」のメルマガ配信。
そこでまた「無料」をうたった宣伝や広告に一生懸命になっているブログがいくつもあります。

これからリタイアを目指している方や、ちょっと不動産の世界に足を入れて失敗した/しそうになった人を助けてあげます的な内容ですが

「最後は自分の客にするんでしょ」
「広告費もらって紹介してるだけでしょ」
「出版を目指してるだけでしょ」

というのがとにかく目につきます。
そんな私でもいまだに購読を継続しているのは

「こうはならないようにしよう」

といく反面教師的な役割を期待してのことです。

私もブログを書いている以上、アフィリエイトは欲しいですし、広告宣伝費が入るなら喜んで受け取ります。
でもアフィリなんて知れてます。
アフィリを前面に押し出すこともしないので、せいぜい月に数100円程度しか入って来ません。
さらに、この程度のアクセスでは広告のオファーなんてしても無駄でしょう。

それでもブログを書いているのは

・自己満足
・自分への備忘録
・これから参入する方への参考情報

こんな目的からです。

私が思うに、既に世の中に出ている情報を買ってもそれはその時点で既に過去のことです。
その過去の情報を売っている人は、それを収益にしているだけです(言い過ぎか?)。
過去の成功者体験を参考にすることは重要ですが、過去と同じことをやっても成功する保証はなく、最後は全て自分で判断しなければなりません。

その判断をするための情報としてネットを介して情報収集することは有用だと思いますが、知識だけ取り入れも実践に使われないのであれば、その行為は無駄になってしまいます。

私は情報にお金を出すことはほとんどしません。

「無料で手に入らないのであればいらない」

と思うタイプ。
それよりは

「とにかく実践あるのみ!」

で行動します。

その結果、、、、とりあえずはリタイアはしました。
が、高属性だった去年から見れば今は少額のローンにも苦労する身です。

それでも、数年後には金融機関が頭を下げて

「借りて下さい」

と言わせたいという思いをモチベーションにまずはリタイアして実績を積む道を選びました。

そんな無茶な私の行動が、今後リタイアを目指す方の参考になれば嬉しいですし、行動することによって私の経験値も上がりますので、損はありません。

そうやってきたここ2年間の実績は

<個人>
・2010年8月 築古RC1棟23戸購入(ほぼフルローン)
・2012年1月 平成10年築RC1棟19戸購入(ほぼフルローン)

<法人>
・2011年8月 創業、とりあえず個人保有2棟から毎月テラ銭徴収
・2012年9月 築古(ボロボロ)一戸建て購入、10月引渡し、11月からシェアハウスとして開業予定

現状、何とか生きていくだけの収入ぐらいは確保できています(年収は去年の1/3〜1/2)。
が、今は個人保有2棟の収入で生活しているので、今後のための自己資金は全く貯まらない状態です。
これは正直、数年後に破綻するパターンでしょう。

だからこそ、先に法人を作り、実績を積み上げています。
数年後には法人として融資を引けるスキームを構築し、そこで個人と法人のバランスを逆転させる、その思いでやっています。
それができれば法人として事業をどんどん拡大、できなければ破綻、そんな危機感を持ってやっています。

まあ、それだけではあまりにリスキーなので「宅建」や個人として「せどり」そんなこともやっていますが。

現状、収入的にはあまり余裕がありませんが、それでも

・会社に縛られない
・センスのない会社の行くことを聞く必要がない
・リスペクトできない上司の相手をする必要がない
・将来に渡って会社が存在している保証はない
・定年後もまだ元気でいる予定なのに収入がないのは困る
・生涯、収入が欲しい
・自分のことは自分で決める

このようなことから開放され

「毎日が自由時間(^^);」

である今の生活は快適でしかなく、リタイアしてよかったと本当に思っています。

あとは死なないようにそこそこ頑張っていきます。


賢いサラリーマンのリタイア準備術―定年まではこう過ごす!
三輪 鉄郎
集文館
売り上げランキング: 40872

posted by まるし at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

なぜ不動産事業なのか???

はじめまして。

いきなりですが、2010年7月1日からこの不動産事業のブログを立ち上げました。

このブログを立ち上げたきっかけは、不動産に関して右も左もわからない一介のサラリーマンが、いかに不動産事業をスタートさせるかを記録することにより
「先人の方々からご指導いただきたいという甘い考え」

及び、今後やってみたいけどどうしたらいいのかわからないという方への
「バイブル」(良い例になるのか悪い例になるのかは?)

として機能すればいいなぁ、と思ったからです。


ところで
「なぜ今さら不動産?」

私はそもそも一介のサラリーマンとして、とある業界に20年以上従事しており、その道ではスペシャリストという自負もあります。
ただ、今後もずっと会社勤めをしたいとは昔から思っておらず、いつかは一国一城の主を目指していました。

リーマンショック以降、景気もパッとせず、勤めている会社の仕事もつまらない状態が続きました。
さらにいつまで健康であるのかの不安、年金も不安、、、、
漠然と将来に対する不安が重なり、寝付けない日々が続いたこともありました。

しかし、だからと言ってその場に立ち止まっていても未来は開けません。
まずはせっかくスペシャリストと自負しているのであれば、その経験を活かして
「独立!」
を思いつき、とうとう今年、サラリーマンを継続しながらも「個人事業主」として、とあるビジネスを立ち上げました。

しかし、世の中、そんなに甘くないことは百も承知しています。
それで食っていけるほどの収入を得られることはないだろうと、他にもいくつか小さなビジネスを試しています。
ネットビジネスはあまりにもウサン臭いので「せどり」系に挑戦しているところです。


現時点での個人事業の収支は取りあえず利益を出しているものの、桁が小さ過ぎてこのままではサラリーマンを辞めることなど到底できません。
どうせやるならハイリターン(できればローリスクで)ということを考えたとき、行き着いた先は「不動産事業」でした。

人によっては株やFXなどもあるでしょう。
しかし、毎月コンスタントに一定以上のキャピタルゲインを得ることはかなり困難、場合によっては手元の資金が0になる可能性もあります。
また、キャピタルゲインを得るための工数も相当な労力です。

不動産であれば、キャピタルゲインもありますが、その前もインカムゲインが考えられること、毎日の工数は株やFXより小さいだろうこと、ご老人も多く古きよき商習慣しか知らない人も多く、結果、競争率が低いだろう等々のことからの導き出した私なりの答えです。


あくまでも本業はスペシャリスト、しかし、その本業では(たぶん一生)食っていけないことから、将来に渡っての安定収入を得るべく、不動産事業に参入しようと考えました。


40代も残すところあと5年、目標は

「50歳までにサラリーマンを辞めても食っていける収入を不動産事業から得ること」

としました。
posted by まるし at 14:27| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする