清算最終章

2号物件売却に伴う清算もほぼ終了(税金を除く)。 残すは 「間違ってこっちに家賃を振込んでくる方」 の確認だけです。 極力、そのミスを無くしてもらうべく管理会社にフォローしてもらっており、今のところまだ誤入金はありません。 監視カメラ、インターネットに関しては、3者間で地位継承の覚書も取り交わしたので問題ないはず。 あとは、、、 最後の自販機マージン。 夏になれば600本ぐらい売れるピカピカのマシンよ、さようなら。 火災保険の返戻金は思ったより多くてラッキーでした。v(^^)v ただ、こちらはあと1週間、買付けが早ければ年払いの地震保険分として余計な10万円を払わずに済んだんですけどねぇ。(T_T) 10万円払って戻りが270円。orz 競馬歴29年、毎年負け越しの私でも、さすがにこんな回収率にはなりません。 まあ、終わったことを振り返っても仕方ありません。 今後、個人で3号物件、4号物件と手を伸ばすことはないと思いますが、法人としての2号、3号を前進させたいと思います。 不動産投資で人生を変える! 最速でお金持ちになる絶対法則---資産ゼロでも毎月100万円を稼ぐ仕組みposted with amazlet at 15.02.20紺野 健太郎 ダイヤモンド社 売り上げランキング: 99Amazon.co.jpで詳細を見る

続きを読む

人生初の物件売却(その6、最終回)

やっとの思いで2号物件を売却することができました。 「1ヶ月で売れるかも!?」 との淡い期待は無残にも消え去り、結果、半年もかかってしまいましたが。 今後は、この手残りを元手にもっと固い買い方で、かつ自分の目と手の届くエリアで物件を増やしていくつもりです。 次の生活の糧ですので早く買わなければならないのですが、、、その前に残債の整理から。 さらに、1年以上あとにやってくる「税金」も考えておかなければなりません(納税できずに破産した有名人もいましたね^^;)。 まずは残債から。 「手元のキャッシュを厚くしておくためにあえて整理をしない」 という選択肢もあったかも知れません。 しかし、持っていない物件の残債をあと何年も払うのは精神衛生上よくありません。 まずは一旦リセットしたいという思いのほうが圧倒的に強かったため、まずはそれらを迷わず?一気に完済しました。 1号物件で借りていた分も含め4本の融資を完済、また、2本の月額利用料を解約することができました。 この支払いがザックリ月々14万円でしたので、今後はこの金額が毎月丸々浮くことになります。 次に税金対策。 今回の売買は5年以内ですので短期譲渡です。 短期譲渡の場合、所得税+住民税で約40%持っていかれることは法律で決まっています。 問題は、その課税対象の元となる数字。 「売れた金額-買った値段」ではありません。 「売れた金額-ローン残債」でもありません。 「売れた金額…

続きを読む

抵当権抹消!

完済したんだから当然ですけどね。 あとは火災保険。 銀行が保有していた質権が解除され、解約返戻金待ちです。 REIT(不動産投資信託)なら、ほったらかしでもやっぱり儲かる! (アスカビジネス)posted with amazlet at 15.02.10櫻井英明 明日香出版社 売り上げランキング: 7,164Amazon.co.jpで詳細を見る

続きを読む

人生初の物件売却(その5)

「売るならこの人にお願いするしかない!」 勝手に信じてはいましたが、実際にまだ会ったことはありませんでした。 それまでの接触はブログのコメント欄への投稿のみ。(^^); そんな状態でしたが、覚悟を決めて平成26年6月某日、メールを投げました。 その後、綿密な?情報交換(私はメールと電話だけ^^; でも先方はすぐに現地調査にも行ってくれました)の結果、私の言い値で売り出してもらえることに。v(^^)v それから約3週間 「買付け、入りました!」v(^^)v 早っ! さすが私が見込んだお方。 満額とはいきませんでしたが、400万円までの幅を預けておいたその内側の数字で決めてもらいました。m(_)m。 この値段で売れれば、ローン完済は当然のこと、今まで2号物件に使ってきた設備投資分も全額回収でき、さらに手元にお金が残ります。 ただ当然のように 「融資特約」 付き。 当初の目論見では 「早ければ8月末に決済できる?」 夏休み中から前祝いしちゃいそうでしたが、、、現実はそう簡単にことは運びませんでした。 1番手がコケ、2番手が逃げ、それ以降とは連絡もつかず、、、。orz 再度募集するとまたすぐ買付けは入るものの融資額が伸びず(=手持ち資金が足りない)の繰り返し。 (融資額が伸びないと言っても、売値の80%ぐらいまでの評価は出ていました) この利回りでも買いたい人はたくさんいました。 がしかし「買える人」はなかなか現…

続きを読む

人生初の物件売却(その4)

入ってくるお金のMAXは決まっているけどMINは決まっていない不動産経営。 さらにそこから黙っていても毎月一定額が出て行く+突発的な支払いもちょいちょい発生。 その結果、2号物件単独での収支は最低あと数年、毎年赤字がほぼ確定、、、。orz 平成25年後半からは、もはや1号物件+2号物件(実際には-2号物件)の収入だけでは生活するのもままならない状態に陥っていました。 個人でやっている他の事業収入、法人からの雀の涙ほどの給与もありましたが、それとて焼け石に水。 扶養家族を抱える中で、これらの収入だけでは到底生活できる状態ではありませんでした。。 脱サラしたときに多少の蓄えがあったので、それを切り崩しながらやってきましたが、もはや限界が見えてきており 「そろそろ決断するしかないか」 という時期にさしかかってきました。 世間はアベノミクスで雰囲気だけは良くなってきました。 不動産もプチバブルになってきており、売却するにはいいタイミングでもありました。 ただ、やはり空室があると足元を見られる恐れもありましたし、そもそもまだどこかで 「満室になれば状況も変わってくるのではないか?」 そんな淡い思いもあり、まずは客付けを優先させてきました。 不本意ながら12月~1月というレッドオーシャンの時期に、現地の仲介会社にプレゼンして回りました。 周辺には5、6つの大学がありますが、そのどこにも微妙に遠い位置、さらにいくつかの坂を超える場所に2号物件は建…

続きを読む