巣立ち

まずは久しぶりの定点観測から。

2017-04-13_08-19-15_944.jpg


とうとう外側のカバーが外され、全体像が見えてきました。
2階建てで目一杯広さを確保しようとしたのでしょうが、、、ベランダ小さくね?
しかも北側のみ。
う~ん、売れるのかなぁ?
まあ、他人事なのでどーでもいいですけど。

で、本題。
春は出会いと別れの季節ですが、我が家でも別れがありました。
長男がこの春で大学を卒業、新卒で就職したのですが、通勤1週間で

「はい、大阪に転勤ね」

採用時から「即転勤もあり得る、それでもいいね?」と言われていたのですが、実際目の当たりにして戸惑っていました。
まあ、サラリーマンですからね。

そもそも文系卒ではなからお祈りメールをもらわないよう人気の大企業を避け、リーチ一発ツモ狙い。
その狙いどおり、2、3社しか選ばず、その中から決めた会社。
営業職として採用なので転勤はつきものです。
私としては、卒業即独り立ちしてもらうつもりでしたのでいいきっかけになったと思っています。

本人は数年で転職、東京に戻ってきたい、何なら私の後を継ぎたいと言っていましたが、、、、後を継ぐような会社ではありませんし、そもそも継がせるつもりもありません。
一人で勝手に自由気ままにやっているので、今さら息子と一緒なんで無理!
やるとすれば起業させてそこに出資する、ぐらいですね。
先のことはわかりませんが、まずは知らない土地での一人暮らし、及び社会の厳しさに揉まれてもらいましょう。

そんな一人暮らしをはじめるに当たっては、まずは部屋を決めなければなりません。
そこは一応本職、会社からもらった複数の物件情報及び本人の希望を鑑み、アドバイスをしてみました。

本人の希望は

・ドアツードアで30分以内
・駅近5分以内
・新築RC
・バス・トイレセパレート
・エアコン
・ネット無料
・駐輪場
・たっぷり収納
・25m2以上

、、、、ムカついてきました。(^^);

「何を贅沢言ってんじゃ!まずは3点ユニットの18m2ぐらいからはじめろや!」

とも思ったのですが、そこは転勤者。
会社からの補助もたんまりあり、物件もそこそこ選べる状態でした。
この時期で新築なのに空室、オーナーもドギマギしていたでしょう。

本人が内見現場でブレるといけないので、事前にエクセルで表にまとめさせ、優先順位にポイントをつけさせておきました。
そして昨日内見、決めてきたようです。

間取りはこんな感じ(実際の部屋とは微妙に違います)。

layout.jpg


広いな、使い勝手もよさそうです。
私のオフィスより数段立派です。(T_T)

私がデザインするなら、洗面/洗濯機置場の左右にトイレと風呂をレイアウトしますが、鉄筋との兼ね合いもありますね。
でも十分でしょう。

地方と言っても日本第2の大都市大阪。
飛行機も新幹線もバンバン通っていますので、下手に「ひかり」「こだま」しか停まらないエリアよりは時間的にも近いです。
社会人の第一歩として、ここから頑張ってもらいましょう。

次男卒業まであと4年、私もそこまでは何とか頑張ってみます。
んっ?その先?
それはもう、さらに自由気ままを目指しますよ。


20代サラリーマンが家賃年収1億円を達成した不動産投資成功の秘訣
宇野 徹
セルバ出版 (2017-04-14)
売り上げランキング: 49,472

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック