排水問題、やっと解決!かな?

更新頻度が思いっきり下がっているのでいくつかのネタをまとめて、、、。(^^);

まずは定点観測。
近所の新築4棟現場、着々と工事が進んでいます。

2017-01-19_08-32-46_762.jpg


ただ、いまだに「建築計画のお知らせ」看板が掲示されていないんですよねぇ。
ネットで調べても、まだ売り情報も見つかりません。

土地は1軒あたり50m2ぐらいしかない感じなので、どう考えても3階建てでしょう。
練馬区の条例によれば3階建ては標識の設置と住民説明会は必須のはず。
今後もどうなっていくのか、推移を見守っていきます。

次に、また不幸の手紙?

2017-01-19_08-49-44_468.jpg


またかい。

「消費税の転嫁拒否等に関する調査」

こーゆーの要らないんだけどなぁ。

全部の中小事業者に発送してるんでしょうが、回答は任意。
自分を守るために仕事を作っているとしか思えません。
税金の無駄遣いにしか思えないんですけど。
でも問合せはナビダイヤル(=有料)だったりして、、、。
もっとセンスを磨くというか、税金の効率的な使い方を考えて欲しいです(まあ、無理でしょうけどね)。

で、本題です。
以前に取り上げた排水問題「またも排水問題」。

302.jpg


PSに繋がる排水管が逆勾配になっていたので、それを直して解決と思ったら

「まだ流れが悪いぞ、ゴラァ」

と指摘されていました。

それに対して管理会社からの提案は

「浴室直下のL字に曲がる辺りが怪しいので、ユニットバスの床下を斫らせて欲しい」

という依頼でした。

でもね、、、、

DSC00735.jpg


床下って30㎝ぐらいしかないんですよ。
そこを斫っても

 問題があった場合 : スペースの問題で修繕できるの? → たぶんできません
 問題がなかった場合 : その工事って無駄じゃない? → そのとおりです

おいおい、そんな工事、OKするわけないでしょ。

私としては、定期的に行っている高圧洗浄に問題があるのではないか?
具体的には、排水トラップまでキレイに洗浄できていないのでは?と思い

「小型カメラを入れて原因を特定して欲しい。工事はそれから」

という指示をしていました。

この小型カメラの手配、及び現入居者様とのスケジュール調整に時間がかかりましたが、先週やっと作業ができ、レポートがあがってきました。
その結果

・実は最近は流れがよくなっていた(何だとぉ~(゚Д゚)ゴルァ!!)
・排水トラップに気になる汚れはなかった
・配管全体的に多少の汚れは見受けられるものの許容範囲
・浴室~キッチンに繋がる横管の途中で水の滞留があった

もう、これじゃん。

滞留の原因は、経験劣化による横管のわたみと考察。
そしてなぜたわんだかと言うと、、、、

「横管は4~5mぐらいに渡っているのですが、何にも支えられていませんでした」

やっぱりこんなオチだったんですね。orz
対策としては、まだ空室の直下の部屋の天井裏から入り、吊り金具を付けることとします。

ただ、この部屋がこんな状況と言うことは、直上/直下の部屋、さらには、反転タイプの隣の部屋も同じでしょうね。
これらは、順次手を打っていくしかありません。

簡単に言えば「施工不良、手抜き工事」ということでしょう。
中古にはこんなことがあるので、次の物件に手を付ける際にはチェックを厳しくしたいと思っています。
ただ、所詮中古は中古、全ての瑕疵を把握できるのか?甚だ疑問です。

利回りに大差がないなら

「中古より新築」

気持ちはそっちに偏っています。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック