2016年11月20日

法人の次のステップ

法人保有のシェアハウスを売却して一旦利確、次のステップを考えています。

本来、売却は考えておらず、長期保有によるインカムゲインで経営を継続させていくことをビジネスモデルにしているのですが、それでも売却してしまったのは「距離の壁」。

基本的に自主管理を前提としており、このシェアハウスにおいては客付けから何から全て自分でやっていました。
しかし、今年春から個人ではじめた別の仕事に忙殺されてしまい、満足な対応ができなくなってしまいました。

いくら土地勘のある場所と言っても、車/電車どちらを使っても片道1時間以上かかってしまう距離は如何ともし難かったです。
満室時は定期清掃と雑草駆除ぐらいしかやることがなかったのでまだ何とかなっていたのですが、空室が発生してしまうと募集を再開、内見希望者とのスケジュール合わせが大変で結局満室に戻すことができませんでした。
最終的には空室x1のまま、次のオーナーに運営を委ねました。

辺鄙なエリアの小ぶり物件、それを自分で企画、運営してきたシェアハウス。
この経験が残っただけでもよしとしましょう。

個人/法人として経験してきたことを活かし、次のステップを目指すためにひとつ思うところがあります。
それは

「ドミナント」

自主管理を前提としている以上、移動距離/時間はとても大事だということを再認識しました。
個人の仕事も継続しているので、片道1時間以上なんてもっての外。
目指すは愛車(自転車)で片道30分以内のエリアです。

ただ、同じ距離でも北や西には向かいたくないため、おのずと対象エリアはギュッと絞られます。
東は以前オフィスを構えていた新宿、西は環七、北は西武池袋線、南は丸ノ内線、そのぐらいをイメージしています。
ただ、そのエリアで買える物件なんて、、、。Zzzz

「誰がそんな物件をその値段で買うの?」

というものばっかりです。orz

利確したとは言え、元々自己資金が薄い我が法人が次の物件を買うには融資前提、それにしても積算評価の倍以上の値付けで利回り6%とか、手の出しようがありません。

「そんなことなら、納得できる間取りで作れる新築のほうがいいじゃん!」

と思っても、、、、土地+建築費(=融資額)で見合う案件など、このエリアでは見つかりません。
う〜ん。

買うことは目的ではなく手段、インカムで運営し続けることが目的。
それに見合う物件に巡りあうためには、もう少し時間が必要かも知れません。
融資の蛇口がギュッと閉まればおのずと価格は下がりますしね。
そのときに勝負ができるだけの実績は積み重ねてきたつもりです。


首都圏で資産を築く! 王道の不動産投資
村上 俊介
総合法令出版
売り上げランキング: 1,192

posted by まるし at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444154501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック