区の斡旋制度経由保証協会

1号物件の排水管修繕やそれに伴う原状回復等々で出てきた見積りの額

「743万円」(T_T)

その資金繰りをメインバンクと相談した結果

「保証協会利用で申し込んでみましょう!」

ということになりました。

既にメインバンクの担当者が保証協会に赴き、事前打合せをしてきてくれました。
その結果はイマイチ芳しくないようですが(絶対額が大きすぎる)

「OK/NGは正式に申し込まれないと判断できません」

ということで申し込みを進めることに。

保証協会を利用するとなれば、区の斡旋制度を利用しない手はありません。
区の制度を使用すれば金利の補助が付き

「2.0% → 0.9%」

になります。

過去に法人/個人ともに利用したこともあるので、今回の申し込みもスムーズ。
窓口に行ってから約10分でこちらを入手しました。

assen.jpg


設備資金1000万円以下の融資期間は7年までなので返済がちょっと重い(9万円強/月)ですが仕方ありません。
この制度を利用できない、またはJFC利用ならもっと返済額が大きくなってしまいます。

あとはメインバンクがどこまで頑張ってくれるか?です。

「満額は難しいかも知れませんが出来る限り交渉してみます。足りない場合は別途相談しましょう」

PS
でんじゃらすお兄さんを探して、、、(^^);

IMG_0057.jpg



元外資系サラリーマンの家賃年収『1億円』構築術
白井知宏
ごま書房新社
売り上げランキング: 138

この記事へのコメント

  • まるし

    自治体によって制度は異なるかも知れませんが、都内だとほぼ同じようです。
    うちの区では通常の保証協会が金利2.0%に対してそのうちの1.1%を区が補助してくれるシステムです。
    ただ、区が紹介票を発行≠融資。
    融資は普通に審査が入ります。
    2016年03月21日 08:56
  • どいんこ

    まるしさん

    こんな融資制度あるんですね。勉強になりました。
    さすがです!!
    2016年03月20日 14:58

この記事へのトラックバック