次のステップを目指して「消防設備点検資格者」

サラリーマンをリタイア後、今までに2つの国家資格を取得しました。 ひとつは「第二種電気工事士」。 コンセントより内側(壁の中)をいじる際にはこの資格が必要となります。 そしてもうひとつは「工事担任者(AI/DD総合種)」。 こちらはインターネットの光ファイバーや電話線などをいじる際に必要となる資格です。 工事担任者の必要性があったわけでもないのですが、第二種電気工事士は比較的簡単に取得できるため、それなりの専門知識を持っているという証明、箔をつけるためだけに取得しました。 第一種電気工事士という選択肢もあったのですが、より難しいほうが箔としてはいいかなぁと。 ただ、これらに限らずですが、資格だけ持っていても何の役にも立ちません。 資格保有者にしかできない仕事の経験を積むことによってやっとその資格も活きるというものです。 その経験ですが、、、なかなか都合のいい条件の仕事はありません。 単なる私のわがままなのですが ・朝早いのはイヤ(現場作業は8時からとかザラ) ・毎日働くつもりなんてさらさらない(週2、3でお腹いっぱい) ・安いのはイヤ(いい大人が動くんだから) ・キツイのもイヤ(腰に爆弾があるので) 、、、贅沢すぎますね。(^^); そんな条件の下、今までとある作業に従事していたのですが、約1年で終了することになりました。 きっかけは、今登録している下請けと元請けの契約が切れるから。 今の下請けはこのタイミングで元請けを切替え、別の元請け…

続きを読む