確定申告と課税業者

トータルで節税したほうがメリットがあると提案してきた顧問税理士と、今年をどう乗り切るかand本来の姿で処理したい私の間でちょっとすったもんだした結果でまとまった個人事業主としての2016年の確定申告。 先日、その書類が届きました。 今年も所得税/住民税ともに「非課税」となりました。 税理士の提案にも一理あるのですが、私学に行った息子の授業料半額免除狙い等もあるため、ここはあえての「赤字決算」です。 個人は極力非課税に、代わりに法人は「黒字死守」。 法人のほうは今期までは何としてでも黒字をキープし、次の展開を目指します。 ただ、2016年の個人が黒字だろうと赤字だろうと、、、、 個人は今年「課税業者」になってしまいました。(T_T) 2号物件を売却したときからわかってはいたことですが、とうとう来る時が来てしまいましたので今年は注意が必要です。 今年は一生懸命仕入れをしなくちゃいけないですね。 消費税がいっぱいかかるもの、、、ワンルームマンションでも買ってみましょうかね? 「コンパクトアパート」ではじめる 超ローリスク不動産投資posted with amazlet at 17.04.03山上 晶則 幻冬舎 (2017-03-29)売り上げランキング: 77,254Amazon.co.jpで詳細を見る

続きを読む